パウの米国株投資&子育てブログ

投資で学んだこと、子育て、資産運用記録などについて書いていきます。

【ナスレバとは】最近話題の「ナスレバ(レバナス)」を調べてみた

f:id:pawkun:20210911002019p:plain

※2021年9月10日に更新しました。

Twitterでよく”ナスレバ”や”レバナス”という言葉を見るようになり、気になったので調べてみました。

そもそもナスレバって?

大和アセットマネジメント㈱が販売する投資信託、iFreeレバレッジNASDAQ100です。

ナスダック100指数の2倍程度になることを目指して運用されています。

なお、2021年9月10日現在、投資信託でナスダックのレバレッジ商品は本商品のみと思われます(他にもあったらすみません。)。

www.daiwa-am.co.jp

レバレッジ3倍も・・

調べていたらレバレッジ3倍の商品もありました。

www.daiwa-am.co.jp

設定日

2018年10月19日

※この投資信託のできた日です。

信託報酬手数料

0.99%

上述の通り、投資信託でナスダックのレバレッジ商品は本商品のみと思われるため、高いか安いかの比較ができません。

参考になるかはわかりませんが、同じコンセプトの米国株ETF、$QLD(NASDAQ100 2倍レバレッジ)は0.95%です。

 

投信販売額人気ランキング(SBI証券)

f:id:pawkun:20210911002756p:plain

出典:SBI証券

SBI証券の2021年8月の投信販売額人気ランキングで5位になっています。

2,000以上ある投資信託の中で5位なのですから大人気です。

SBI・V・全米株式インデックスよりも上位なのが驚きです。

純資産総額

f:id:pawkun:20210816012900p:plain

純資産総額は8月16日時点で約1,050億円(大きい・・!)です。3月中旬には約550億円だったので5か月で2倍弱になっています。

9月10日時点で約1,180億円になっていました。1か月足らずで100億円増えています。

ちなみにオルカンが約2,750億、レバレッジのかかっていない本家(iFreeNEXT NASDAQ100)は約360億円です(いずれも9月10日時点)。

なお、チャートは右肩上がりですが、コロナショックの時には大体半分になっています。

リターン(2021年9月10日基準)

f:id:pawkun:20210910224729p:plain

出典:iFree レバレッジNASDAQ100公式サイト

3年弱で約3倍になっています。

とはいえ、このパフォーマンスはコロナによる大規模な金融緩和による恩恵を受けた結果であり、今後もこれだけのパフォーマンスが維持できるかというと疑問は残ります。

 

チャート比較(eMAXISSlim米国株式(S&P500)・オルカン)

期間はナスレバ設定日の2018年10月19日から2021年9月9日までです。

f:id:pawkun:20210911002300p:plain

出典:楽天証券

数値化すると下記のとおりです。

+285.85% ナスレバ(iFreeレバレッジ NASDAQ100)

+  66.63% eMAXISSlim米国株式(S&P500)

+  59.06% オルカン(eMAXIS Slim 全世界株式)

まとめ

レバレッジ商品なので色々な意見がTwitterでも飛び交っています。

過去のリターンはあくまで参考値でそれが今後も継続するとは限りませんし、相場が軟調になったら一気に基準価額は下落します。

それらのリスクを承知の上、各々自己責任で投資するなら良いのではないかと個人的には思います。

ポチッといただけるとブログを書く励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村